たくみの里

 ちょっと前のお話ですが、子供の夏休みの自由課題のため、みなかみ町のたくみの里という所に行ってきました。いろんな手作り体験ができるところで、私たちはガラスの家でコップに模様を吹き付け自前の作品を作ってきました。

 コップに図柄を両面テープで貼り付けカッターで切り取る作業中です。この後、白いパウダーみたいなものを吹き付けて完了です。

 このようにすると簡単な作業のようにみえますが、割と大変で1時間くらいかかってしまいました。写真の取り方が上手でないので自慢の絵図がお見せできません。

たくみの里」への3件のフィードバック

  1. 中野先生の子を思う親の気持ちがよくわかり、ほほえましいブログです。
    今の時代は夏休みの子供の宿題で苦労したことは、若い先生方では皆経
    験したことがあると思います。
    私もその昔、子供の工作の宿題を手伝ったことがあります。
    自分としてはなかなかの出来栄えだと思っていたのですが、子供が本当
    にその作品を出展しまった時はあわてました。
    子供自身が作ったものと私が作ったものと2点提出してしまったのです。
    結果は子供が作ったものが金賞に入選し、私のものは佳作でした。
    非常に複雑な気持ちになるとともに、それ以後親としての威厳と信頼を
    失いました。

    教訓「親がした宿題や作品は、絶対に提出してはいけません」

  2. 中野先生、ガラス細工ご苦労様でした。
    隣にいらしゃる子は先生の息子さんでしょうか?
    私自身も子供と一緒に夏休みの課題をいっしょにやった事を思い出しました。
    子育ての時間はアッという間に過ぎ去ってしまいます。子供と過ごせる時間を大切にして下さい。
    すぐに、頼んでもついてこなくなりますから・・・

  3. どんな絵柄なのか、見えなくて残念です。
    でも、自分が作ったものを後で使えるのはいいですね。
    いつか家のかたづけをしたときに、きっと見つけて、
    こんなのを一緒に作ったなあ・・・なんて思うのでしょうね(^^♪
    大事にしてください!

yutaka にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスは公開されません。