1年で一番「アツク」なる日

 今年の猛暑の話ではありません。

  10月1日(金)長野県須坂市において関東信越税理士会親睦野球大会が開催されました。

 初戦は地元長野と対戦。緩急自在の長野県連石田投手に翻弄され5対6と1点リードされて最終回を迎えましたが、石原照久選手(桐生支部)のランニングホームランで追い付き最後は細野充弘選手(前橋支部)の犠牲フライでサヨナラ勝ちしました。

 二回戦は強豪埼玉と対戦。3対2と1点リードのまま終盤を迎えましたが、最終回3点を返され3対5と残念ながら敗れてしまいました。

 最終戦は新潟と対戦。7対0と石倉一也投手(前橋支部)の完封で勝利しました。

 最終結果は、埼玉・長野・群馬・新潟・茨城・栃木の順で、優秀選手賞に原澤一壽選手(高崎支部)が選出されました。

 春まだ浅い4月より練習を開始し約半年。連続優勝の埼玉をあと一歩のところまで追い込んでいたので、結果は悔しいものでしたが、選手のプレーひとつひとつにピリピリするほどの緊張感を感じた充実した1日でした。

 驚いたことを2つ

1. 埼玉戦で山口明投手(前橋支部)がレフトスタンドへ飛びこむホームランを浴びました。軟式野球でスタンドに飛び込むホームランを初めて見ました。(ちなみに両翼は90メートル)

2. 新潟戦で74歳の先生が登板されました。名前は聞き洩らしましたが、球威はともかくとして1回を無事に投げ切りました。

 最後に遠方にもかかわらず応援に来て頂いた、市川克美県連野球部後援会長・今泉県連専務・田島県連税対部長、事務局の宇田さん・竹田さんありがとうございました。来年もバナナの差し入れ待ってます。

1年で一番「アツク」なる日」への2件のフィードバック

  1. 新潟支部の山口と申します。
    74歳の先生は風間正夫先生です。
    初期の2県対抗野球から現在の6県大会の野球大会に参加、尽力されてきたと聞いております。ちなみに現在でも新潟支部のエースであり、1回戦にも投げたのですよ(笑)
    私は群馬県連との第3戦ではキャッチャーを守りましたが、打って勝負してくれた群馬県連の各バッターの皆様には感謝です。
    PS:石倉投手!ナイスピッチングでした。
    来年は負けませんよ~(笑)

  2. 最初は、2県だけの対抗戦だったのですね。歴史があるのですね。
    74歳の方は、何十年も主力選手なのですね。脱帽です。
    野球が元気の素でしょうか。
    100歳まで投げて欲しいものです(^^♪
    皆様、来年も元気にガンバッテください(^O^)/

naka にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスは公開されません。